投資信託とは?元本保証とは?簡単にできる?その仕組みや種類

はじめに

投資初心者が簡単に始められ、さらに安全性も高い投資として人気を集めているのが投資信託!

しかし、安全と思った投資信託も商品によっては、知らず知らずのうちにハイリスクを背負ってしまうことも!!ということで、今回は投資信託の仕組みや種類、始め方などについてご紹介します。
スポンサードリンク



投資信託とは

ca3f5ab03dbfffb3dae03558a09a841b_s

投資信託とは「投資家から集めたお金をまとめて運用する投資」のこと。

投資では、運用額が多いほど規模の利益で、多くの運用益を見込めるため、個人で運用するよりも高いリターンを期待できます。

また、「信託」と名前がついている通り、投資信託では投資家自らが運用先を決めるのではなく、運用の専門家によって運用されます。

そのため、投資初心者が運用するよりも安全に運用できるのです。

投資信託では、投資家は投資の運用益から投資額に応じた分配金を得ることができます。

分配金とは、株の配当や銀行に預けたときの利子のようなものですね。

投資の中では安全性が高いとはいえ、投資信託でも投資は投資、銀行の預金ではないので、元本保証ではありません。

投資信託によっては、元本割れをすることもあります。たとえば、リーマンショックのとき、多くの投資信託が元本割れを起こしました。

それのみならず、倒産したファンドも数知れず。このような状況が再び起きれば、安全な投資とされる投資信託でも元本割れが起こります。

投信信託の種類

運用先や運用方針などで、投資信託の種類を分けると大体こんな感じです。

【運用先】

・MRF:短期公社債などきわめて安全性の高い債券で運用。証券口座に入金したお金は自動的にMRFで運用されます。銀行でいえば、普通預金で利子がつくようなものですね。

・MMF:安全性の高い債券中心で運用。

・公社債投資信託

・株式投資信託、REIT

下に行くほど、ハイリスクハイリターンの投資信託になります。

【運用方針】

・バランス型(分散投資):分散投資でローリスクを目指す投資信託

・アクティブ型:平均を上回る運用益を目指す投資信託

【購入・換金の可否】

・単位型(ユニット型):信託期間(満期)が設定されていて、募集期間のみ購入できます。資金の途中追加はできません。

・追加型(オープン型):信託期間(満期)が設定されておらず、いつでも購入・換金することができます。

【分配金】

・分配型:期間ごとに分配金が出る。

・無分配型:分配金は分配されずに、再投資に回る。「分配金を受け取れないなんて」と思われるかもしれませんが、投資効率が高いのは無分配型です。

さらに、分配金にはその都度20%(現在は20.315%)の税金がかかりますが、無分配型の場合、分配されるはずのお金をそのまま再投資に回すので、税金がかかりません。

投資信託の商品を選ぶときには、運用先や運用方針などごとに商品を見比べて、自分に合った商品を見つけてください。
スポンサードリンク



投資信託の始め方

ac198eb0a3b8a1e48922c9bc79945243_s

これから投資信託を始める方のために、投資信託の始め方をご紹介します。

①自分の投資スタイル、投資信託を決める。

自分の投資スタイル(ハイリスクハイリターンorローリスクローリターン)を決め、自分の投資スタイルに合った商品を探します。

たとえば、ハイリスクハイリターンの攻めの投資信託を目指すのであれば、日本株型ファンドや、外国株型ファンドなどの株式を中心とした投資信託、REITなどを選ぶとよいでしょう。

ローリスクローリターンで守りの投資スタイルなら、債券型やバランスファンドの商品がおすすめです。

ちなみに攻めか守りかについてですが、教育資金や老後の資金など使う目的がはっきりしているお金については守りの投資を、余裕資金については攻めの投資をするというのが、投資の鉄則です。

②証券口座を開設する。

購入したい商品を扱っている金融機関で証券口座を開設します。投資信託の商品を扱うのは主に、

・銀行

・証券会社

・ネット証券

投資信託の商品の取扱数が多いのは証券会社やネット証券、さらに手数料が安いのはネット証券です。

これから証券口座を開設する方は、ネット証券で開設するのがおすすめです。

すでに株式投資などで証券会社や銀行に口座を持っているのであれば、その口座で投資信託を始めるとよいです。

③投資信託購入

投資信託の購入方法は2つ。

・スポット購入:買いたいときにその都度買う。

・積み立て投資:毎月こつこつ買う。銀行の積み立てをイメージするとわかりやすいです。積み立て投信は月1000円から始めることができるので、少額から始めたい方におすすめ!

まとめ

以上が、投資信託の仕組みや種類、始め方などについてでした。

投資信託には、少額から始めることができ、運用をプロに任せることができるなどのメリットがある一方、元本保証なし、信託報酬などの手数料が高いなどのデメリットがあります。

投資信託の商品を選ぶときには、これらのメリットデメリットに注意し、運用先や手数料などの内容をしっかり確認してください。

投資信託でリスクをできるだけ小さくするためのポイントは、株式メインでなく債権メインの投資信託を選ぶこと、一度に買わずに分散して買うことです。

一度に全ての資金をつぎこんで買うと、購入翌日にリーマンショック級の何かが起きた時に泣く羽目になるので、注意してくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です